求人の探し方から応募、面接の受け方などの転職についての情報ならここで。

転職したいけど、不安・・・」「もっと良い条件の会社ないかな。」「私に合う仕事ってなんだろう?」ほんのちょっとでも転職を考えた事のある方のために、転職情報をまとめました。女性だからこそのキャリアで、のびのびと働けるような会社・職場に転職しませんか?

職務経歴書の作り方

職務経歴書は、今までどのような業務に携わり、どのような経験・実績を持ち、その中でどんな知識を得て、応募先の企業で何ができるのかを伝える書類となります。履歴書の職歴欄の延長としてではなく、実績は数字で具体的に書き、今までの評価、褒賞など自分のスキルが明確に伝わるように書くことが大切です。

職務経歴書の用紙

職務経歴書は書式自由です。
基本的な書式は、時系列で書く編年体式か経験業務ごとで書くキャリア式となります。なれない場合は編年体式がまとめやすいかと思います。
職歴書がむやみに長くなったり短すぎたりするとただ見づらかったり、上手く経歴が伝わらないなどと言う事態になりますので、A4用紙1〜2枚にまとまるように書きましょう。市販の履歴書用紙を買うと一緒に職務経歴書用紙が付いてくる事もあるのでそれに手書きしても良いですが、PCで作成するとまとめやすくなります。

職務経歴書に書くこと

これまでの勤務先と職位、行った業務とその期間、知識、実績、評価などをなるべく具体的に書きます。実績は具体的に数字を書くと相手に伝わりやすくなります。 特に専門分野の資格・スキルや評価・褒賞は自分の能力を明確に表現できる項目ですので、是非盛り込みたい項目ですね。

記載すべき項目

  1. 作成(提出)日と氏名
  2. 志望職種
  3. 経歴の概略
  4. 勤務先・所属・職位
  5. 職種・担当業務
  6. 専門知識・技術・資格
  7. 評価
  8. 自己PR