求人の探し方から応募、面接の受け方などの転職についての情報ならここで。

転職したいけど、不安・・・」「もっと良い条件の会社ないかな。」「私に合う仕事ってなんだろう?」ほんのちょっとでも転職を考えた事のある方のために、転職情報をまとめました。女性だからこそのキャリアで、のびのびと働けるような会社・職場に転職しませんか?

履歴書の作り方

履歴書は書類審査に向かう自分の分身とも考えられます。それだけに、絶対に漏れや抜けがあってはいけないものです。最初から最後の項目まで、履歴書をしっかり書かなければ、書類選考で落ちてしまいます。丁寧に正確に書き、趣味や特技の欄も含め、空欄は無くすようこころがけましょう。

目に止まる履歴書のポイント

顔写真

実は写真というのは重要な項目です。一目でその人の印象を決めてしまいかねません。写真で清潔感や健康的なイメージを与える写真を添付しなければなりません。暗い表情や伏し目ガチな写真を貼る人はいないでしょうけど、より良い印象を与える写真を使いたいもの。
印象の良く撮るためには、よくコンビニの前なんかにあるスピード写真の機械で取るのではなく、プロが撮影してくれる写真館で撮りましょう。実際に比較するとわかりますが、スピード写真は照明の関係や、シャッターのタイミングなどの要因で暗い印象になりがちです。写真館では料金が少しだけ高いですが、その差額を払う価値はあります。

希望条件や特技などの項目

中途採用の場合、応募者は同じような資格を持ち、似たようなキャリアを積んできた人たちが多くなります。そんなスキルの似通った採用候補者の中から選ぶ際に、最も重視されるのは、意欲・姿勢・適正などの人間的な部分です。
人間的な部分をアピールするための項目が、趣味や特技の項目です。「特技なんて特にないしなあ。」と空欄や、「特になし」と記入するのは絶対に避けましょう。
「特になし」や空欄の多い履歴書は意欲が伝わりません。空欄が多いと言うだけで、詳細は読まれずに落とされてしまうこともあるでしょう。空欄はなくし、特技の欄などは熟練していなくとも興味のあることなどと志望動機を結びつけて書くと良い印象を与えます。