求人の探し方から応募、面接の受け方などの転職についての情報ならここで。

転職したいけど、不安・・・」「もっと良い条件の会社ないかな。」「私に合う仕事ってなんだろう?」ほんのちょっとでも転職を考えた事のある方のために、転職情報をまとめました。女性だからこそのキャリアで、のびのびと働けるような会社・職場に転職しませんか?

転職前の情報収集

転職の目的

転職の情報を収集するよりも先に、転職する理由を明確にしましょう。転職理由を明確にする事は、転職活動をするに当たってかなり大切な事です。応募書類に書く、面接での応答などに矛盾が生じては転職は上手くいきません。目的を明確にする事で書類作成もスムーズになり応募先にも意欲が伝わりやすくなります。

  • もっと給与をもらってもいいはず!
  • 女性の働きやすい職場が良い
  • キャリアアップしたい

などなど、人それぞれ理由は異なります。
自分の転職理由をしっかりと考えて、それを紙に書き出してみましょう。

情報の収集

転職活動は自分で求人情報を探し、その中から自分に合った応募先を見つけて、応募をしなければなりません。
では、その求人情報はどこで集めるのが適切なのでしょうか?現在、最も有効と思われる媒体を紹介しましょう。

インターネット(転職サイト)

まずはインターネット上の転職サイトです。
インターネットが使える方はまず転職に関するWebサイトを見てみるのではないでしょうか?様々な転職サイトがありますが、実は様々な種類があります。
あらゆる分野の求人を幅広く載せているサイト、ある業界の求人のみ集めたサイト、人材紹介会社のサイトなど、サイトごとに違いがあるので、多くのサイトを見てまわって自分に必要な情報がどのサイトで集められるか見極める事が必要です。

新聞・雑誌

最も目に付きやすい情報である新聞と求人情報誌。どこでも手に入れることが出来る媒体で、求人雑誌は情報量が多く、各求人の比較がしやすいと言うのがメリット。給与相場や、求人のトレンドなど掴むのには良い媒体。

人材紹介会社

登録者の希望を聞き出し、それに合った求人を提案するのが人材紹介会社。人材紹介会社にあらかじめ希望条件を提示することで、自分の希望と求人先の希望のギャップをなくし、書類作成や面接でのアドバイスや、転職先での条件について交渉まで転職活動全般について力になってくれます。新聞・雑誌、転職サイトなどに掲載されない隠れた求人情報が非常に多くなっています。

適職の探し方

応募先を選ぶポイントは、「自分の転職理由を満たせるか」のみです。
転職する理由を応募前に見直し、それに合致しているのか良く考えて応募しましょう。