求人の探し方から応募、面接の受け方などの転職についての情報ならここで。

転職したいけど、不安・・・」「もっと良い条件の会社ないかな。」「私に合う仕事ってなんだろう?」ほんのちょっとでも転職を考えた事のある方のために、転職情報をまとめました。女性だからこそのキャリアで、のびのびと働けるような会社・職場に転職しませんか?

転職に役立つ資格

福祉系に役立つ仕事

・ホームヘルパー
ホームヘルパーは訪問介護員とも呼ばれています。
高齢者や障害がある方の家庭を訪問して家事援助や介護をする人のことを指していて、各都道府県知事が研修を指定しています。
この資格を取得するためには各都道府県や 政令指定都市、市区町村、専門学校、民間団体などの養成機関が実施している養成講習を受講することが必要。
そして介護保険法に基づいたホームヘルパーとしての研修の過程を修了しなければなりません。
資格には1〜3級があって、ホームヘルパーとして働くには2級以上が必要となっています。
1級は、チーム運営方式の主任ヘルパーなどのリーダー的なヘルパーとして働くことができます。
原則として、2級過程を修了後に1年以上のホームヘルパーとしての活動実績があることが望ましいと言われています。
・介護福祉士
介護福祉士は、日常的な生活をするのが困難な高齢者や障害者の入浴、排泄、食事などの介護ができます。
人間相手の仕事なので、介護される側とのコミュニケーション能力も必要となっています。
専門的な学習も必要ですが、それだけでなく、さまざまな体験を積んでいる人が求められています。
介護福祉士の活躍の場としては、老人ホームや養護施設、民間のシルバー関連サービス業などのほか、在宅看護など幅広くなっています。
女性が8割近くを占めていますが、重労働でもあるので男性の介護福祉士の需要が増加しています。
資格取得のために、大学、短大、専門学校などで国が指定した養成施設を卒業するコース(国家試験不要)と、受験資格を満たして国家試験に合格するコースがあります。
受験資格は、福祉に関する所定の単位を修了していて高校卒業者および3年以上の実務経験がある者です。
・フード・ケアワーカー
高齢者や身障者にとって食事というものは、安全で楽しい時間でもあります。
その方たちの食事作りに関する基礎知識や、調理技術は、介護をするものにとって必須となっています。
そこで福祉のプロを養成する日本福祉ビジネス専門学院と、料理のプロを育成する辻クッキングスクールが共同で企画・運営して「フード・ケアワーカー講座」を立ち上げました。
同講座では、介護食や老人栄養学、疾病、それぞれに応じた病態食作りなどの基礎知識が学べます。