求人の探し方から応募、面接の受け方などの転職についての情報ならここで。

転職したいけど、不安・・・」「もっと良い条件の会社ないかな。」「私に合う仕事ってなんだろう?」ほんのちょっとでも転職を考えた事のある方のために、転職情報をまとめました。女性だからこそのキャリアで、のびのびと働けるような会社・職場に転職しませんか?

円満退職のために

内定通知をもらう

採用が決定し、内定の連絡をもらい、転職の決意が固まっていたらなるべく応募先にはすぐ返答をしましょう。返答が遅いと、内定を辞退したものと思われる事があります。メールでは不確実な事もあるため、担当者に電話で直接伝えるようにしましょう。具体的な入社日はそれから決めていく事となります。

円満退職の準備

転職先が決定したら、次のステップは退職です。
まずは退職したい事を伝える相手は上司となります。相談の形で切り出し、退職したいことを伝えてください。一方的な意思表示や、突然退職届を提出することは止めましょう。
取引先の対応や引継ぎの事もありますから出来れば2〜3ヶ月前、遅くとも1〜2ヶ月前には退職する意思を伝えましょう。
就業規則や労使契約等に「○ヶ月前に退職届を届け出ること」などの規定がある場合もあるので確認しましょう。

退職日の決定

担当している業務の引継ぎ、残務処理などが確実に行えるように予定を立て、退職日と転職先への入社日を調整しましょう。退職日決定後に転職先への入社日を決めるのが、円満退社のためには重要です。何らかの都合で入社日の調整が困難な場合は、その事を上司に伝え退職日の調整をお願いし、引継ぎの予定を組み直すことが必要です。

退職届の提出

口頭で退職の意思を伝えるだけで退職できるものではありません。必ず退職届を提出しなければなりません。退職届けの宛名は代表取締役社長とし提出先は上司です。
退職届は公的な文書として扱われる事になりますから、よく内容を確認してから提出しましょう。

業務引継ぎ

どの業務を誰に引き継ぐのか、余裕を持ったスケジュールを立て確実にもれなく行ってください。退職日の3日前までに終わらせるようにすると、予定外のトラブルにも対応できる確実な引継ぎとなります。
取り引き先や自分が作ったデータ・書類などは書面にまとめておくとよいでしょう。

会社に返却するもの

  • 健康保険被保険者証
  • 身分証明証・名刺・入社証
  • 通勤定期券
  • 書類・資料

会社から受け取るもの

  • 雇用保険被保険者証(会社に預けている場合)
  • 離職票(退職後10日ほど)
  • 年金手帳(会社に預けている場合)
  • 源泉徴収票